NOROSHI STARTUP HUB 地域の壁を超えたスタートアップの創出を神戸・渋谷から

新しい働き方を
誰の手にも。

Mission Statement

「コトを興す」 というアクションを
もっと開かれたものにしよう。

コロナ禍により、一人一人に求められる“新しい働き方”は
出会ったことのない⾊々なバックボーンを持った⼈たちが
ぶつかり合うことで⽣まれる。

リモートワークが当たり前になった今だからこそ
スキルや知識を補い合う仲間と遠隔で出会える。
あなた自身が 「コトを興せる」 チャンスが来た。

東西の先進都市が地域の壁を越えることで
新しい働き方をみんなのものにするオン&オフラインコミュニティ
それが 「NOROSI Startup HUB」 。

スタートアップの狼煙を、
ここであげよう。

※個人を含むスタートアップ・企業の新規事業開発部門、及び大学等の研究機関など、幅広く募集します。

※「チャレンジャー」 「チームメンバー」 の詳細についてはこちら

News

新着情報

What is It ?

NOROSI Startup HUBとは

従来のオープンイノベーションとは異なる、
全く新しいオン&オフラインコミュニティ。
挑戦を身近にする4つのルール
基づいています。
地域の壁や、企業・個人の垣根を越えて集い想いに共感するメンバーでチームを作り、
プロジェクトを立ち上げる。
そんな「新しい働き方」の文化形成を
神戸・渋谷から始めていきます。

インプット

You

あなた:
アイデアを形にする
「意思」

Company

参画企業:
意思をもって企業の枠を超える
「社員」

Kobe / Shibuya

神戸市・渋谷区:
東西の意思が繋がり、
交わる 「場」

アウトプット

You

あなた:
志を共にする仲間と出会い、プロジェクトを推進する
新しい働き方

Company

参画企業:
「個」 を起点とした
新しい働き方
「個」 の視点を生かした
新事業創出

Kobe / Shibuya

神戸市・渋谷区:
クリエイティブな発想を
持つ関係
人口の創出

Rule

NOROSI Startup HUBに
参加する際の4つのルール

LIGHT STARTUP

身近で気軽な挑戦をしよう

個⼈・企業・⾏政のメンバーが同じ⽬線に立つことで気軽にプロジェクトを⽴ち上げられる。

REMOTE TEAM UP

人材を越境させよう

地域特性を活かし、不足するリソースを補い合うことで未だ世にないアイデアが生まれる気軽にプロジェクトを⽴ち上げられる。

PROCESS VALUE

過程から価値を創造しよう

事業ができあがる過程を可視化することで
ファンの獲得につながる。

TRIVEN SHARE

成功も失敗もシェアしよう

役割に応じて、チームで利益もリスクも
分配することで仕組みで挑戦を加速する。

Benefits

実証実験の機会と場の提供

優れたプロジェクトには
神戸市・渋谷区・協賛企業から、
さまざまな実証実験の機会と場が
提供されます。

機会の提供

ひょうご神戸スタートアップファンドGPへのピッチ

神戸市

機会の提供

Social Innovation Week Shibuya等の渋谷区が関わるイベントでのPR

渋谷区

場の提供

ANCHOR KOBE・ROKKONOMADの施設利活用

神戸市

機会の提供

Shibuya Startup Deckで実施するイベント(ピッチ等)への参加

渋谷区

機会の提供

市長へのプレゼンアイデアの提出

神戸市

機会の提供

区長へのプレゼンアイデアの提出

渋谷区

場の提供

全国のコワーキングスペースがフリーパスになる「trivenPASS」無料アカウント

株式会社アドリブワークス

※全て検討中の案であり、実施を確約するものではありません。
※そのほか、スポンサー企業からのアセット提供も募集しております。

Program

一連の流れ

以下のような流れでプロジェクトを
育てていきます。

※参加申し込みはいつでも受け付けています。

  • 01ENTRY
    エントリー

    募集要項をご覧いただき、チャレンジャーは 「アイデア」 を、チームメンバーは「スキル」をフォームからご応募ください。

  • 02TEAM UP
    チームアップ

    参加された方々が一堂に会し、交流できるの機会を設けます。
    想いに共感する人同士でチームを作り、いよいよプロジェクトスタートです。

  • 03BRUSH UP
    ブラッシュアップ

    集まったチームで、ビジネスアイデアを磨き上げていきます。また、ステージが進むに連れてワークショップや神戸市・渋谷区による実証実験の機会が提供されます。

  • 04GO LIVE!
    プロジェクトが世界へ

    事業化したプロジェクトは、プレスリリースを通じて世に発信されます。また、広く支援者をさらに募るためのDEMO DAYも開催します。

Voices

NOROSI Startup HUBに
寄せられた声

神戸市・渋谷区の住民の皆さんや企業の方々より、
こんな世界になってほしいという声が挙がっています。
アイデアのヒントとして、
取り組んでみてはいかがでしょう?

まちなかに点在している空き店舗や公園の空きスペースに、みんなが集えて多世代がつながる「大きなリビング(まちの家)」があったらいいな!

渋谷区民

芸術文化の創造、育成や情報発信の拠点である神戸アートビレッジセンターで、子どもたちが芸術に触れられるような企画をしてほしい!

神戸市民

衣・食・住・スポーツ・音楽・芸術など、多様なみんなの「やりたいこと」がやれる場。そんなバーチャル空間があったら、渋谷らしくて良い!

渋谷区民

自然を守っていく方法やSDGsを身近に感じられるアウトドアイベントなどがあると、環境問題に関心が低い人たちも参加しやすいと思う!

神戸市民

Applicants

応募対象者

2種の応募枠による募集を行います。

1. アイデア提案者
=「チャレンジャー」

世の中に問いかけたい起業や新事業のアイデアを持った、個人を含むスタートアップ・企業の新規事業開発部門、及び大学等の研究機関など、幅広く募集します。

2. スキルを持ったプロジェクト推進者
=「チームメンバー」

本企画により生まれるプロジェクトをスキル面で支援したい、個人を含むスタートアップ・企業の新規事業開発部門、及び大学等の研究機関など、幅広く募集します。

募集テーマ

本企画「NOROSI Startup HUB」は、起業や新事業開発に立ち向かう人々が、企業や立場の垣根を超えて、プロジェクトを中心に向き合い、互いの能力を掛け合わせて新たな価値を生み出すこと、また、渋谷区・神戸市が連携協定を結び、スタートアップエコシステムを形成することを目的にしています。このため、特段ジャンルを問わず新しいテクノロジー、ソリューションを募集しております。

募集期間

2021年7月6日より随時募集開始(応募状況に応じ締切を設定)

応募方法

特設ページ内「応募はこちら」からエントリーをお願いします。

採択者が得られるメリット

  • 神戸・渋谷の担当部署とのサービス開発に向けた調整
  • 実証実験の実施協力
  • 両自治体のネットワークによるパートナーとの協業支援
  • 成功モデルについての早期実装サポート
  • Venture Capital等の投資家によるメンタリング
  • 協賛企業からのリソース・資金支援(予定)

審査基準・事業開始

「応募内容」に記載の項目を総合的に審査します。採択後、オープニングイベントにご参加いただき、その後の進め方について改めてご説明します。

参加対象者

現在、神戸市・渋谷区に在住、在勤、在学されている方。もしくは、今後、審査通過の際には神戸市・渋谷区での実証等に参加できる方。

注意事項

  • 公序良俗に反しない内容としてください。
  • 応募にかかる費用は応募者がご負担ください。
  • 原則として特許権等の知的所有権は応募者に帰属します。エントリーにあたっては応募者自身の責任において必要な権利保護等の手続きを行うこととし、事務局は一切の責任を負わないこととします。
  • 採用されたプラン概要は一般公開されることがあります。
  • 応募条件、注意事項に反する応募であることが判明した場合は、採択を取り消す場合がありますのでご留意ください。

trivenトリブン

神戸・渋谷を繋ぐ
オンラインコミュニティ

NOROSI Startup HUBでは、アイデアの投稿やチームの組成、プロジェクトの推進などをオンラインコミュニティ「triven(トリブン)」を通じて行います。
 
さらに、神戸市・渋谷区を含めた全国各地の加盟コワーキングスペースを自由に相互利用できるサービス「trivenPASS(トリブン・パス)」の無料アカウントを、DEMO DAYの特典として提供予定。

Partners

参加企業・団体
(50音順)

Sponsored
and
co-sponsored

  • 主催

    株式会社アドリブワークス
    代表取締役 山岡 健人

    私たちの働き方は、これまでにない変化を迎えています。世界中の人々がリモートワークを体験し、場所を超えて繋がることが当たり前になった今こそ、誰もが自由に”コトを興せる”チャンスがやってきました。世の中にあふれる「こうなったらいいな」という未来の願いに対して、それを実現できる人が会社や組織の垣根を超えて集い、作り、そして次の願いへ…スタートアップ支援に対して先進的な都市である、神戸市・渋谷区が連携して生まれたNOROSI Startup HUBが、全ての人に等しく始まっている「新しい働き方」へ取り組むきっかけになれたら嬉しいです。

  • 共催

    神戸市
    市長 久元 喜造

    神戸市は2016年からスタートアップ支援に本格的に取り組んでおり、500Startupsとの共同での起業家育成プログラムや、行政課題解決の官民協働プロジェクトのUrban Innovation Kobeなどを通じ多くの起業家を支援してきました。一方で、神戸発のスタートアップの企業数はまだまだ伸びる余地はあります。渋谷区は、スタートアップやVCなどの支援機関の数は日本で随一。そうした、起業家コミュニティが充実した渋谷区と連携を通じて、神戸における起業文化をさらに進化させていくとともに、両者のリソースを掛け合わせ、世界に伍する取り組みを進めていきたいと思います。

  • 共催

    渋谷区
    区長 長谷部 健

    本区は、2020年1月に外部人材を登用し、スタートアップ支援の事業を開始しました。また2021年4月にはスタートアップ支援の専門部署を立ち上げ、スタートアップ支援に本格的に取り組んでいます。
    神戸市は、日本の中でもいち早くスタートアップ支援に取り組まれており、渋谷区としても様々な形でご支援を頂いていたご縁から、協定を締結する運びとなりました。神戸市と本区のそれぞれのリソースを相互に活用すれば、日本だけでなく世界にも発信できる取組みができると考えています。本協定により、連携をさらに加速させ、双方の都市でのスタートアップを盛り上げ、ひいては日本全体のスタートアップ・エコシステムの発展にも寄与していきたいと思います。